Skip to content
299ドル以上送料無料

5K DACアンプ

ES9219C

by Qudelix Incoporated 25 May 2020 5 Comments
ES9219C

私たちは、このデバイスが高感度 IEM と高インピーダンスのオープンバック ヘッドフォンの両方のユニバーサル DAC/AMP として機能することを望んでいます。私たちは、シンプルで小さくても強力なものを望んでいます。デバイスの性質上、音質や最大出力に加えてバッテリー持続時間も考慮する必要があります。

私たちは多くの DAC とアンプ IC を試しましたが、ESS9218p が私たちの目標にとって最良の選択肢であることがわかりました。音質に加えて、ESS9218p の主な利点は、内蔵アンプが最大 2V RMS の最大出力電圧を供給できることです。さらに、同じ音質で1V RMSオプションをサポートし、消費電力を節約します。

高感度 IEM の場合、アンプの雑音指数が最も重要です。高感度 IEM は非常に敏感であるため、あらゆる電気ノイズや熱ドリフトが可聴音響 (通常はホワイト ノイズ) に変換されます。

一方、高インピーダンスのヘッドフォンには、より高い出力のアンプが必要です。これらのヘッドフォンは通常感度が低く、アンプのノイズ特性によるホワイトノイズが発生しません。代わりに、十分な音量とヘッドルームを提供するには、アンプ出力からのより高い電力が必要です。

ES9219C のすべての内部オプションに完全にアクセスできるようにソフトウェアとアプリを設計しました。

3.5mmアンバランス(シングルエンド)

1V RMS モード

ほとんどの IEM では、2V RMS 出力は大きすぎます。 1V RMS モードは、2V RMS モードと同じ音質で最高の電力効率を提供します。

2V RMS モード

感度の低い IEM またはヘッドフォンの場合、2V RMS モードは十分なヘッドルームと音量を提供します。

2.5mmバランス(フルディファレンシャル)

2V RMS モード

完全差動ダイレクトオーディオパスは、十分なバッテリー持続時間を保ちながら、最高の直線性と分離を実現します。

4V RMS モード

最大出力電力

ユーザーが選択可能なアンプゲインモード

  • 通常の 1V RMS
  • 高い2V RMS
  • どちらも同じサウンドパフォーマンスを提供します。
  • お互いに少し違って聞こえるかもしれません。ただし、どちらが良いというわけではありません。

通常の 1V RMS モード

  • ほとんどの IEM に推奨
  • バッテリ持続時間の延長とノイズフロアの低減

高2V RMSモード

  • +6dB 高い最大出力レベル
  • ヘッドフォンに推奨

*高感度 IEM の場合、1V RMS モードは最高のノイズ性能と電力効率を提供します。高速道路でローギアを維持する理由はありません。

自動音量補正

  • ファームウェアは、ゲインモードを切り替えるときに音量を調整し、現在の出力レベルを維持します。
  • モードを 2VRMS に切り替えても、音量に違いは感じられません。ただし、最大音量は +6dB 拡張されます。

出力パワーモードオプションに加えて、Qudelix 独自のソフトウェアは 2 つの異なる方法で ES9219C DAC/AMP を駆動し、バッテリー時間と音質をトレードオフします。

  • スタンダードプロファイル(ECOモード)
    • 標準DAC動作クロック
    • 標準出力バイアス電流
    • 最高の効率と十分な音質
    • バッテリー時間と音質の最適なトレードオフ
    • モバイルや屋外での使用に適しています
  • パフォーマンスプロファイル(SPORTモード)
    • 最高のDAC動作クロック
    • 高い出力バイアス電流
    • 最高のパフォーマンス
    • バッテリー持続時間を短縮しながら最高の音質を実現
  • デバイスに USB 電源を供給すると、現在のプロファイルが上書きされ、一時的にパフォーマンス モードに切り替わります。

モバイルおよび屋外の使用例では、標準プロファイルは、サウンド パフォーマンスの 2 ~ 3dB の劣化をトレードオフすることで、最高の電力効率と十分な音質を提供します。

USB VBUS 接続が存在すると、動作プロファイルは自動的にパフォーマンス モードに切り替わりました。

注: 2.5mm バランス モードは 2 つの ES9219C を完全に使用しますが、3.5mm アンバランス モードは 1 つの DAC で動作します。

* ESS は ES9218 を廃止しました。 2021 年 11 月以降、5K DAC/AMP は ES9218P とピン互換の ES9219C で製造されます。

Prev Post
Next Post

5 Comments

18 Jan 2024 Dries verbist

I can guess what the Distortion Compensation does but are there any drawbacks when using it?

07 Dec 2023 J

Also wondering about distortion compensation option. No explanation anywhere… app tab directs here to “learn more”.

23 Sep 2023 João Sequeira

So, it has ESS9218p or the ESS9219C, I couldn´t understand what kind of chip it has.

06 Jul 2023 Florin Andrei

The Distortion Compensation option is still not explained. What does it do?

23 Mar 2023 Mau Lopez

Great post. Very clear explanation. I think this explanation is way better than the one in the iOS app. I hope you consider updating the explanation in the app. Regards

Leave a comment

All blog comments are checked prior to publishing

Thanks for subscribing!

This email has been registered!

Shop the look

Choose Options

Edit Option
再入荷のお知らせ
this is just a warning
Login
Shopping Cart
0 items